シンガポールの祝日(2017年&2018年)

多民族国家、他宗教国家であるシンガポールは祝日が多いイメージがありますが、国で定められている国民の祝日は11日前後と意外に少ないです。

国民の祝日は毎年4月にシンガポール労働省(MOM)より発表されます。しかしディパバリだけはヒンドゥー暦によって後ほど定められるため4月時点での発表は暫定となります。

そのためディパバリの日付だけは変更される可能性がありますが、2017年と2018年のシンガポールの祝日をまとめておきます。

2017年のシンガポールの祝日

2017年は週末と合わせて3連休になる祝日が多いです。基本的に祝日も営業している店が殆どですが旧正月だけは例外です。

昔に比べて営業する店は多くなったとはいえ旧正月の週は休みの店がほとんど。営業していても特別なサービスチャージが掛かる場合が多いです。

 日付  祝日/記念日 備考
 1月1日(日)  新年/元旦  土、日、月の3連休
 1月28日(土)  旧新年(1日目)
 1月29日(日)  旧新年(2日目)  土、日、月の3連休
 4月14日(金)  グッドフライデー  金、土、日の3連休
 5月1日(月)  労働者の日  土、日、月の3連休
 5月10日(水)  ベサックデー
 6月25日(日)  ハリラヤプアサ  土、日、月の3連休
 8月9日(水)  ナショナルデー
 9月1日(金)  ハリラヤハジ  金、土、日の3連休
 10月18日(水)  ディパバリ
 12月25日(月)  クリスマス  土、日、月の3連休

2018年のシンガポールの祝日

2018年は火曜の祝日が4日、木曜の祝日が1日あります。それぞれ、月曜と金曜に有給(Annual Leave)を取れば5回も4連休が取れる計算になります。

シンガポールで働いている人は1時帰国や旅行のチャンスが増えそうですね。

 日付  祝日の名前 備考
1月1日(日)  新年/元旦  土、日、月の3連休
2月16日(金)  旧新年(1日目)
2月17日(土)  旧新年(2日目)  土、日、月の3連休
3月30日(金)  グッドフライデー  金、土、日の3連休
5月 1日(火)  労働者の日
5月29日(火)  ベサックデー
6月15日(金)  ハリラヤプアサ  金、土、日の3連休
8月 9日(木)  ナショナルデー
8月22日(水)  ハリラヤハジ
11月 6日(火)  ディパバリ
12月25日(火)  クリスマス

各々の民族や宗教に関する祝日

旧新年は中華系民族のお祝いの日。ハラリヤプラサとハラリヤハジはイスラム教徒のお祝いの日。ディパバリはヒンドゥー教徒のお祝いの日。多民族国家シンガポールでは、それぞれの祝日に深い意味があります。

旧新年こそ町は閑散とするので旅行はお勧めできないにせよ、ハラリヤハジやディパバリの期間のシンガポールは一見の価値ありです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。