シンガポール在住日本人の情報源!日本語フリーペーパーのまとめ

シンガポールは東京都23区と同程度の小さい島国ですが、在住日本人は約3万5千人以上と比較的多いです。そのため国内では日本語のフリーペーパーや情報誌が多数刊行されています。

日本語フリーペーパは国内の紀伊国屋や、日系デパート、レストラン、ホテルなどに置いてあります。定期的に取り寄せている日系企業も少なくないです。

置いてある場所が多すぎて迷う。どこにあるか分からない。そういう方は、サマセット駅の近くにある「シンガポール ビジターセンター(上の写真)」や、高島屋ショッピングセンターにある書店「紀伊国屋」に取りにいくとよいでしょう。ビジターセンターにも、紀伊国屋書店にもフリペーパーは置いてなく、紀伊国屋書店の一階下のJTBに「Parti, Singalife, パノーラ」の3種類が置いてあるようです。

シンガポールにある日本語フリーペーパー5種類

現在シンガポールで刊行されている日本語フリーペーパーや情報誌は5種類あります。それぞれ見ていきましょう。

<シンガポールフリーペーパー早見表>

名前 創刊 発行日/頻度 特徴
Parti/パルティ 1994年 1月 毎月10日 現在も刊行されているフリーペーパーの中で最も長い歴史を持つ。美容、習い事、グルメなど特に女性向けの内容が多い。
Jplus/ジェイプラス 1997年 7月 第1、第3木曜日 グルメ、ビューティー、習い事、ヘルス、ビジネスなど幅広いジャンルを扱っている。求人関係の情報も多い。
マンゴスティン倶楽部 1998年 8月 毎月5日 ビジネス、教育、美容、習い事、グルメ、求人など。飲食店や美容系に関するクーポン券が充実している。
Asiax/アジアエックス 2004年 7月 第1、第3月曜日 ビジネス情報、求人・就職/転職などの内容が充実している。シンガポール、マレーシア、インドネシアなどの経済ニュースも載っている。
SingaLife/シンガライフ 2016年 4月 毎週木曜日 グルメ、不動産、人材情報などからビジネスや経済ニュースまで幅広い情報が掲載されている、新規参入の週間無料情報誌。

 

<シンガポールフリーペーパー運営会社のウェブサイト>

Parti/パルティ

Jplus/ジェイプラス

マンゴスティン倶楽部

Asiax/アジアエックス

SingaLife/シンガライフ

ハローアジアのフリーペーパー最新情報

ハローアジアのこちらのページでは、Parti/パルティ、Jplus/ジェイプラス、マンゴスティン倶楽部、Asiax/アジアエックスのフリーペーパー情報が一度に確認できます。

シンガポールに関する情報は増え続けています

もちろんオンラインでシンガポールに関する情報を取得することも可能です。しかし、5つのフリーペーパーはシンガポール在住者向けなので、在住者を飽きさせない内容が濃いものばかりです。

ここ数年、ますます日系企業がシンガポールに進出してきているので、それに伴い日本語の話題も増え続けるでしょう。是非シンガポールのフリーペーパー5誌をチェックしてみることをオススメします。







2 件のコメント

  • 匿名 より:

    ビジターセンターにも、紀伊国屋書店にも置いてありませんでした。。
    ビジターセンターにいたっては、置いたことも無いとの事です。
    紀伊国屋書店の一階下のJTBに3種類ほどありました。Parti, Singalife, パノーラ。
    可能であれば、正しい情報に書き換えるか削除頂ければと思います。

  • 情報ありがとうございます。誤った情報を記載し失礼いたしました。
    正しい情報に書き換えさせて頂きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。