海外駐在妻におすすめ!海外駐妻が現地で必要な英語力を身に着ける方法とは?

こんにちは、シンガポール在住のアンジーです。

英語圏で暮らしてると、多くの駐在員の旦那様をお持ちの奥様方と出会います。私が生活しているシンガポールでも「駐妻」の方々が多いです。

シンガポール駐在妻は総じて英語力が高いですが、在星年数は長いのに英語がイマイチな奥様もいれば、在星年数は短いのに流暢に英語を使いこなす奥様もいます。

本当にシンガポール駐在妻の英語力には個人差があると思います。

私も、高校大学時代は英検準2級まで取得したものの会話となるとめっぽう苦手、という日本でよくいるタイプでした。

しかし、今では英会話はそこそこ使いこなせるようになりましたし、現地で日本人以外のお友達にも多く恵まれ、生活の幅が随分と広まりました。

駐妻に必要な英語力

海外駐在妻にとっては英語力は死活問題です。

私は、シンガポールで英語ができない時期は何をするのにも怖気づきながらでした。買い物も億劫でしたし、家の設備の業者とのやりも、何もかも夫に頼りがちでした。

その結果「自分自身の存在意義は何なのか」と自問自答を繰り返し、日本語で気軽に相談できる友達もいない状態が続きました。

その結果ストレスも溜まり家事も疎かになり、夫と喧嘩した事も幾度となくありました。

しかし、アプリで英語の勉強を始め、オンラインで定期的に英会話を練習するようになり、心機一転。

買い物はもちろん、家の事や夫のサポートも十分できるようになりましたし、今では日本に戻るのが嫌というくらい現地での生活が好きになりました。

具体的にどれぐらいのレベルで現地生活が楽しめるようになったのかというと、日常会話中級ぐらいです。

電話が掛かってきたら、典型的なジャパニーズ英語でも堂々と電話の受け答えができたり、行政手続きがあれば現場に赴き十分意思疎通が取れるくらいのレベルです。

英会話は慣れの部分の方が大きいので、使い始めるとグングン伸びていき、軌道に乗れば楽しくなってきます。

今回は、そんな私が、英語の苦手な奥様方にオススメしたい英会話学習法を紹介します。

語学学校で英会話学習

私は時間や予算の都合で諦めましたが、可能なら夫の駐在が始まる前に、語学学校で英語を練習しておくことをオススメします。

日本でも地域のコミュニティーセンターでの英会話やmeetupなどで英語を使う機会は持つことはできます。

しかし積極的な性格でない限り自分から英語を使い話そうとするのはシャイな日本人には難しいものです。

一方で語学学校なら、事前にシャイな日本人の特性を理解してカリキュラムが出来ているので学習が進めやすいです。

駅前留学のNOVAなら入会金が無料で月10,000円からグループレッスンが受けられるので、比較的リーゾナブルで始めやすいです。

NOVAと言えば、2007年に多額の負債を抱え事実上破綻したイメージが強いですよね。

ですが現在は前払い制度を改善したり、オンライン英会話を始めたりなど、顧客目線の改革を行い利用者が激増しているそうです。

アプリで英語の基本を再学習

英会話中級の人は不要かもしれませんが基本は大切です。

先ずは英語アプリで英文法の基本を思い出しておくことをオススメします。

英会話ができるようになる為には、文法は中学レベルで充分ですが、「英文法を理解している」のと「英文法を使いこなせる」では、天と地ほどの差があります。

英会話では基本的な英文がすぐに口から出てくるよう練習を繰り返す必要があります。

その為には、先ずは徹底的に基本的な表現や文法を頭に詰め込み、いつでも咄嗟に出てくるような学習が必要です。

そうする事で、最終的には日本語から変換する前に、自動的に英文が口から飛び出すようになるんです。

このような英語表現・英文法を特訓は、スタディサプリ英語のアプリがオススメです。

スタディサプリ英語

スタディサプリ英語は、リクルート提供のオンライン英語学習アプリです。

過去にアップルストア教育カテゴリのランキング1位に輝いたほど大人気のアプリで、「日常英会話コース」「ビジネス英語コース」「TOIEC対策コース」があります。

先ずオススメしたいのは「日常英会話コース」で、業界トップの講師陣の短い英文法解説動画や、ドラマ仕立てのレッスンもあるので楽しみながら英語学習できます。

コミュニケーションに特化したコンテンツが充実していて、基礎基本と英会話の導入は、これ一つで十分です。

アプリは月額980円(税抜)の有料ですが1週間は無料、合わなければ一週間以内に解約手続きすれば、費用は掛かりません。

オンライン英会話で徹底的に会話練習

英語アプリで基礎を身に着けたら、後はたすら英会話の練習です。

英会話の練習では、とにかく間違いを恐れずスピーキングにトライする事が大切です。

言語は間違えた数が多ければ多いほど、学習効率が上がるので「ワザと間違えて伝わる表現を講師に教えてもらおう」という意思で丁度よいくらい。

英語でも十分伝わるという成功体験が、モチベーションアップに繋がるので、習った文法や表現は積極的にシンガポールで使うようにしましょう。

このような英会話の練習には、以下のようなオンライン英会話がオススメです。

ネイティブキャンプ

「ネイティブキャンプ」は、英会話しゃべり放題サービスで業界に衝撃を与えたオンライン英会話です。

講師は、ヨーロッパの国々の準ネイティブ、イギリス人、アメリカ人、カナダ人等のネイティブ、日本人も含む世界各国5,000名以上。

ネイティブ講師や日本人講師のレッスンは別途有料ですが、フィリピン人やセルビア人の講師のレッスンは受け放題です。

月額 5,950円
時間 25分/回
無料期間 7日間
その他 24時間365日受け放題で日本人講師(有料)も在籍。

ネイティブキャンプは1週間無料で利用できるので、まだ試してない人はぜひトライしてみる事をオススメします。

レアジョブ

「レアジョブ」は、レッスンの安さ、講師数、累計レッスン数が国内最大級を誇るオンライン英会話サービスです。

レッスンを受けることができるのは6:00〜25:00ですが、講師は優秀な大学卒業者ばかりで、細かい文法の指摘などもしてくれます。

月額4,200円からというのは、他のオンライン英会話と比べても最安値で、安上がりに英語を学習したいという人にオススメです。

月額 月8回:4,200円 毎日25分:5,800円
時間 25分/回
無料 2レッスン
その他 講師は大卒ばかりで、1レッスン129円と業界最安値。

2回のレッスンのみですが、ネイティブキャンプと同じくレアジョブも無料体験がついています。

英語学習は長く浅くが鉄則

英語に限らず語学の学習は長く浅くが鉄則です。

苦しくなるほど詰め込み過ぎる必要はないですが「毎日少しずつ」という意識で長期間がんばると、気づけば定着してきます。

特に海外にいるからには、何時でも何処でも英語を使う機会がある訳ですから、その環境を利用しない手はないです。

英語が使えるようになるだけで世界が変わるとはよく言ったもの。私も英語が使えるようになるだけで、今まで真っ暗だったシンガポールの世界が一気に明るくなりました。

「これから駐妻になる予定だけど不安」「すでに駐妻だけど英語が使えず苦しい」という人は、ぜひ今回紹介させて頂きました英語の学習方法を実践してみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。